アンプレット ハムクラブ (JH1YTU) の沿革

 1971年8月20日に、開成中学の昭和44年(1969年)入学のアマチュア無線の免許を有する同級生(JH1XMM、JR1MTF、JR1MUT、JE1BME、JE1BQE、JE1FZD、JE1IXC、JE1SUF、JF1FZI)が集まり、アマチュア無線のクラブ局「スヌーピークラブ(JH1YTU)」を JE1BQE 根日屋英之宅を無線局の常置場所(上野駅の近くの東京都台東区)として開局しました。

 1975年3月に、JH1YTU メンバーは開成学園(開成中学/開成高校)を卒業しましたが、その後、根日屋英之(JE1BQE)が JH1YTU の免許を更新し、クラブ局の運営は 株式会社アンプレット(1987年9月9日に 根日屋英之 が設立した会社)の予算で継続しました。

 2017年2月19日に、スヌーピークラブ(JH1YTU)は、株式会社アンプレット の系列会社である アンプレット通信研究所 に運営を移管し、若い世代にアマチュア無線を通して科学に興味を持ってもらう活動を始めました。2019年11月6日の理事会で、クラブ局(JH1YTU )の名称を 「スヌーピークラブ」 から 「アンプレット ハムクラブ」 へ変更することが承認され、定款の変更を行いました。

 アマチュア無線を通して、子供たちに科学に興味を持ってもらう活動と、コンテストを中心にオンエアーをしております。よろしくお願いいたします。

アンプレット通信研究所について

JA1YSD ペンケンクラブ OB のみなさまへ

[QTC] 現在、JA1YSDの現役、OBを結ぶ連絡会「アマチュア無線 開成会」の事務局を JE1BQE 根日屋が仰せつかっております。開成学園の現役、OBのアマチュア無線の免許を有する方、(コールサインの無い方や局免許を失効してしまった方も含め)、本ホームページからメールでご連絡ください。

Copyright(c) AMPLET Communication Laboratory All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com